人気記事
    スポンサーリンク


    ブログ内検索




    毎度のご訪問ありがとうございます。
    どうぞごゆっくりとお楽しみください。


    ちょっと変なドイツ語お断り書きを目っけた


    (私からのお断り:結構長い記事になっております。
    お時間のある時に読んでいただければ幸いです)



    門前「ドイツ語お断り書き」をたまたま発見!

    歩行中、というかジョギングコースに向かう途中の道路に沿って歩いていたのです。
    道路の片側は築年数が長い家屋が並んでいます。
    そして道路を挟んで右側沿いには今は新築家屋が軒を並べています。
    似たような造りでありながらも、それぞれ個性的な建築物に仕上げてあるようです。
    一軒一軒を吟味、評価するかのように、観察しながら歩いていました。

    皆さん、お金持ちなんだろうなあ、以前ここを通り掛かった時には
    何にもなかった野原だった所に一戸建ての二階家が次から次と建っている。
    歩きながら感想を抱いていました。

    もちろんどのお宅の背後には大きなお庭があるに違いない。
    眩いばかりの緑の芝生が生えている、大きな木が植えてある、
    木が作る日陰の下ではデッキ・チェアにのんびりと寝転がって
    午後の昼寝を何者にも邪魔されずに満喫している中堅家主かもしれない、
    新築家屋に満足しているのだろう。
    手の届く直ぐ側にはガーデンテーブルがあって
    喉を乾きをすぐにでも癒やしてくれる清涼飲料水が入った水差しが
    ご主人の手が伸びてくるのを待っているかのようだ。

    大きなお庭にはプールが見出されるお宅もあることだろう。
    子どもたちが歓声を上げながら水遊びに熱中している。

    もちろんどのお宅もガラージ付、
    つまりどのお宅も少なくとも一台の車は標準として所有している。
    二、三台が同時に駐車しているお宅もある。皆さん、お金持ちなんだろうなあ。


    近所を散歩中にたまたま通り掛かった新築のあるお宅の前、
    その門に取り付けられていました。

    このお宅は何か大きな厄介な問題でも抱えているのだろうか。
    見ず知らずの、まだ会ったこともない人の問題に対して
    鼻を突っ込むようなことはしないが、
    永遠のドイツ語学習者としては目を離すことが出来ない。
    関心あるところには未知あり。

    その時記憶に残せる機器を持参していなかった。悔やんだ。
    スマートフォンのことではありませんが。
    尤もそうした機器等を身に着けながらジョッギングしている人たちを
    良く見ますが。ジョギング中も誰かからの連絡を受け取ることが出来る
    ようにしているのでしょう。

    そう、その新築家屋の一つの門前を通り掛かった、その時でした。
    おや、これは何だろうか、カラフルな、つい立ち止まってしまった。
    見慣れないものを見てしまった。新築家屋とこのカラフルなイラスト風な
    ドイツ語がポツンと展示されているかのようでした。

    後日、もう一度そのお宅の前へと歩を進めていきました。
    今度はちゃんとデジカメを持参。



          *   *

    我が家からそんなに遠くはない区画では新築の家屋が次から次と出現しています。
    今まで畑だったところが宅地に変わった。
    今でも相変わらず周辺地域では新築ブームが続いています。

    新居に入った人たちは毎日のように?色々な人たちの突撃訪問の応対に苦悶しているのでしょうか。
    それぞれのお宅を訪ねてインタビューを申し込んだわけでもありませんので詳細は不明です。
    インタビューはお断りとは記載されてはいなかったのですが。

    当地オーストリアではお医者さんの診察を受けるために普通、
    まずは予約の手順を取ってからですね。

    普通のお宅を訪れるにも予約が必要なのでしょうか。
    そんなことはないと何の予約もなしに訪れる人たちが絶えないのでしょうか。

    お宅を訪問するにも予約なし、いわゆる飛び込み。
    誰がやってくるかは事前には分かりません。

    暑いから昼の昼寝を取ろう、または取っているとやって来る、
    な〜んていう無礼なことはしないでしょうが、
    それは実際に起こってみないとわかりません。

    起きている時、しかも在宅中を見計らって人はやってくる。
    実際には在宅中かどうかはそう簡単には分かりません。
    呼び鈴またはブザーを一度、二度と押して出てくるか、出てこないか、
    出てこなければ、留守なのだろうと普通は考えます。
    が、居留守をするお宅だって無きにしも有らずです。

    とにかく、何の予約もなしに訪れてくる人も結構多いらしい。
    新築住居に住んでいる人たちにはいろいろなニーズが必要と見て取っているのでしょう。

    でも何度か応対しているうちに突然の訪問客の素性を
    カテゴリー別に分類出来てしまうようなのです。
    どんな人たちがやって来るのでしょう。
       続きを読む
    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
     
    にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
    にほんブログ村
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪
     
    スポンサーリンク

    posted by witzler at 03:59 | ウィーン | ドイツ語文法 + その他についての小話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする