人気記事
    スポンサーリンク


    ブログ内検索




    毎度のご訪問ありがとうございます。
    どうぞごゆっくりとお楽しみください。


    dasselbe って ”同じモノ”と同じではない!?


    Wie gut ist Ihr Deutsch?: Der große Test
    あなたのドイツ語は大丈夫ですか!?

    Bücher von Bastian Sick(ドイツ Amazon)

    ぼくは何冊か本を書きましたが、ぼくが書いた本がどのような影響を及ぼしたのか、
    もう一つの例を最近、パン屋さんで体験しました。

    ぼくの前の奥様が実に食欲をそそるように見える”チーズ付きのブロートヒェン”一つをちょうど注文した所でした。そしてぼくの番がやって来た時、腹を空かしているかのようにこう言いました。

    「ぼくにも同じモノをお願いします」

    「それは無理ですわ」
    女店員は手短に答えを返してきました。

    「ええっどうして無理なのですか?」
    ぼくは戸惑って訊きました。

    「同じモノ(チーズ・ブロートヒェン)を2回お売りすることは出来ません。こちらの奥様と交渉していただかなければなりませんね、こちらの奥様がブロートヒェンをお客様に手放すかどうなのかはわかりませんが。わたし共としては最大限努力したとしても類似モノをお客様には提供出来ますが、同じモノは出来ません!」

    「何ということだ、言葉については厳格に捉えられるのですね!」
    ぼくは言った。そして自分としては不快にも罠にかったように感じたのです。

    「もちろんですわよ」
    女店員は応じた。
    まるでこの世では当たり前なことではないでしょうかといった風な口調だ。

    「お客様は Der Dativ ist dem Genetiv sein Tod という本をご存じないのですか」

    ぼくは乾いた喉をゴクリとならした。

    「いいや」
    ぼくは嘘を付いた。

    「その本についてはまだ一度も聞いたことがありませんよ!」

    ぼくは慌てて支払いを済ませ、サングラスを掛けて、お店から立ち去った。後でガールフレンドのジビーレにこの恥ずかしい体験について報告したら、彼女は興奮してこう叫んだ。

    「時は満ちた! ドイツ国民の反撃だ!」
    と言うことでリングの上では次のラウンドが控えていますよ!
    どうぞお楽しみください。

    著者 バスチアン・ズイック
    ハンブルク、2009年8月


    Ein weiteres Beispiel für die Wirkung meiner Bücher erlebte ich kürzlich beim Bäcker.
    Die Dame vor mir hatte gerade ein äußest appetitlich aussehendes Brötchen mit Käse bestellt,
    und als ich an die Reihe kam, sagte ich hungrig:
    "Ich nehme dasselbe, bitte."
    "Das geht nicht", erwiderte die Verkäuferin knapp.
    "Wieso denn nicht?", fragte ich perplex.
    "Ich kann dasselbe Brötchen nicht zweimal verkaufen.
    Das müssen Sie dann schon mit der Dame aushandeln, ob Ihnen ihr Brötchen abtritt.
    Ich könnte Ihnen höchstens das gleiche anbieten, aber nicht dasselbe!"

    "Donnerwetter, Sie nehmen es aber genau mit der Sprache!", sagte ich und fühlte mich auf unangeneme Weise ertappt.
    "Freilich", erwiiderte sie in einem Ton als sei es das Selbstverstäntlichste von der Welt,
    "kennen Sie nicht das Buch >Der Dativ ist dem Genitiv sein Tod?
    Ich schluckte trocken.
    "Nein", log ich, "davon habe ich noch nie gehört!"
    Dann zahlte ich hastig, setzte meine Sonnenbrille auf und verließ das Geschäft.

    Als ich später meiner Freunding Sibylee von diesem peinlichen Erlebnis berichtete,
    rief sie begeistert aus:
    "Es ist so weit! Die Bevölkerung schlägt zurück!"

    In diesem Sinne: Ring frei für die nächte Runde! Viel Vergnügen wünscht Ihenen
    Ihr Bastian Sick
    Hamburg, im August 2009
    続きを読む
    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
     
    にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
    にほんブログ村
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪
     
    スポンサーリンク

    posted by witzler at 17:38 | ウィーン ☁ | ドイツ語文法 + その他についての小話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする