普通、定冠詞が付く国名

本日、2022年8月25日、いつものごとくオンラインの新聞記事をつらつらと眺めていたら、暫く振りに懐かしい、ロシアの大統領のお友達らしい、オーストリアの前外相についての記事が目に止まってしまいました。


彼女は今、どこにいるのか。個人的には特に関心があるわけではありません。が、知っていました。

オーストリアのメディアは何をかを記事にしようとしてオーストリアの有名人の一挙手一投足を虎視眈々と狙っているかのように私には思えてしまうのは、私だけのおもいでしょうか。

オーストリア人の消息をいつも知ろうとしているかのように、オーストリアのメディアはオーストリアの有名人に焦点を合わせているかのように思えます。一番有名なというのか、よくオーストリアメディアに登場するのが、あの筋肉盛り盛りのアーノルド・シュヴァルツネッガーでしょうか。その成功物語はオーストリアの誇りと捉えられているかのように見えます。他にも有名なオーストリア人の活動ぶりはメディアではよく取り上げられています。

もっともこれは別にオーストリアに限ったことではないでしょうが。ドイツのメディアではドイツの有名人ついてその動向を色々と書いているをちょくちょく見ます。見る序に読まされてしまいます、というのか読んでしまっている自分がそこにいます。

日本のメディアはどうでしょうか。私は殆ど日本の動向については読むこともありませんが、日本国内外、有名か有名でないかは別にしても、日本人の活躍ぶり等は報道されていることでしょうね。スキャンダルを好む人もいるのかもしれませんね。そんな要求に答えるかのようにこれでもかこれでもかと日本のメディアもスキャンダル暴露記事を書きまくっているかのような印象をわたしは抱きました。

有名人とは個人的には直接関係はないのに、密かにというのか、その動向に関心を惹かれているのか、そんな人の記事をみると読もうとしている自分がいる。読みたくてその記事を探していたわけではありませんが、目の前に出てくるから目にするしかない。直ぐに別のページへと移って行けば良いのに知らぬ間に留まってしまっている。これはどういうことなのか。


そうそう、ついつい忘れそうになってしまいました。
オーストリアの前女性外相のことでした。
彼女は何年か前、新聞報道によると、結婚したのですが、ってどうしてこんなことまで私は知っているのでしょうか、
と疑問を抱く人もいらっしゃるかもしれませんが、それはわたしに強い関心があったからです、よ、とは言えません。
たまたま、結婚したのでしょう、と言えるかもしれませんが、
その際、彼女はあのロシアの大統領のプーチンを自分の結婚式に招待したのですよ。これが大抵の人たちにとっては驚きであったらしいのです。

プーチンはオーストリアに呼ばれたのでやってきました。それともオーストリアを(外交的に?)代表するとされる彼女に呼ばれたのでやってきたのでしょうか。

結婚式の場、他の招待客の見守る中、プーチン大統領が小さな花束を手にして彼女に手渡そうとしている写真を見ました。それから今度は彼女がプーチンの前にちょこっと膝まずいてダンスのお相手を乞いている写真も見ました。お二人はご一緒にしばらくは踊ったのでしょうか。

当時のオーストリア女性外相の姿勢がオーストリアのメディア界では大きなセンセーションを起こしたらしい。まるでオーストリア国がロシアの大統領の手玉にされたかのような印象を多くの人たちは持ったのでしょうか。

彼女の屈辱的な姿勢が批判の的になっていたことが思い出されます。




世界の国々、

世界には一体全体、いくつの国が存在すのでしょうか。ご存知でしょうか。
わたしは知りません。だったらグーグルさんに検索して貰ったら一発でしょう、ね。

便利なインターネットの世界に生きている我々は欲しい情報が時には直ぐに入手できますよ、ね。
素晴らしいことなのかもしれません。

世界全体の国々の名前を知ってどうするのですか、という質問が聞こえてくるかもしれません、ね。
世界には何カ国あるのか、その数を知ってどうするのですか、という質問も聞こえてくるかもしれません、ね。

知って自慢する?
何で自慢するのか。

知って自己満足するだけでしょう。



   *   *

世界の国々の名前をドイツ語で書き表すことがこの記事の主題でした。
まあ、それだってインターネット上でグーグルさんに検索を頼めば一発でしょう。

まあ、それはそれで楽しいかもしれませんが、ここではドイツ語で書き表す国名の中には定冠詞が普通、付けられているという事実に注目しようとしているのです。

ドイツ語を学ぶ過程で国名をドイツ語で表することも何度かお目に掛かったことがあります。
何度も遭遇するたびに、そういうことなのか!? と、まあ、納得してそれを自分のモノにする。
ドイツ語習得の過程の一つですね。



わたしにとって今、特に印象に残っている、ドイツ語冠詞付きの国名は以下の通りです。

die Schweiz

die Türkei

die Niederlande

die Vereinigten Staaten von Amerika (die USA)

die Ukraine

der Iran


普通、国名に定冠詞が付く、という事実を知ってちょっとだけ驚いた覚えがありますが、
ドイツ語の名詞には3種ある定冠詞のどれかは付くということを知っているならば別に驚く必要もなかったと今では自分を納得させています。

上の例をよくよく、殆ど die という定冠詞が付いています。
でも der が付く国名も実はありますね。




*  *

さて、例のオーストリア前女性外相のドイツ語記事ですが、レバノンに引っ越した、というタイトルになっています。
引っ越す前はどこにいたのか、と疑問が湧いてくる人もいるかもしれませんね。本国のオーストリアという答えが浮かんでくるかもしれませんね。

実は既にオーストリアから別の国へと移住済みなのでした。何処へ? フランスに彼女は引っ越したのです。
何故? 余りの批判に居たたまれなくなってオーストリアを後にしたそうな。そうな、というのはそういう新聞記事をわたしは読んだからです。

で、今回の記事ではフランスも去って、つまり彼女の言(新聞記事)によるとヨーロッパはもう関係ないということのようです。彼女のことですから、個人的なことですから、わたしは云々することもありません。でも、なぜレバノンなのか? とわたしにはふっと疑問が湧いてきました。
ああ、そういうことかもしれないな、とわたしは思い出しました、よ。レバノンの人たちは何語を話すかご存知でしょうか。公用語ですね。

アラビア語だよ、とインターネットでググってみたら答えを直ぐに教えてくれました。
ご存知かどうかはしりませんが、わたしも実は知らなかったのですが、オーストリアの前女性外相はですね、もちろん、ドイツ語(オーストリア語?)はペラペラですが、それに加えてアラビア語にも長けているとのことです。アラビア語を流暢に繰るそうです。アラビア語を国語とする本国人もびっくりするほどなのだそうな。そういう事実が新聞記事の中に言及されていたのを覚えています。フランス語はどうだったのか、実は分かりません。フランス語では生活しづらかったのかも知れませんね。わたしは知りません。そんな記事はまだ目にしていませんが。レバノンと何らかの因縁があったからなのかも知れません。

彼女によると、ヨーロッパは関係ない、はい、さようなら、ということらしいのです。個人がどこに住もうとそれはその個人の自由でしょう。
もしかしたら、ロシアの大統領からこちらにいらっしゃいなといったようなラブコールをまだ貰っていないのかも知れません。その方向へと近づいて行くための布石を打ったのかも知れません。ロシア語はできるのでしょうか、知りません。勉強中、習得中なのかも知りません。これは全てわたくしめの勝手な憶測でしかありません。



 *  *

そうそう、またまた忘れそうになってしまいました。
ドイツ語での国名に定冠詞が普通、付くという主題でした。

このレバノンという国名ですが、新聞記事のタイトルを見て知った次第ですが、この国名には定冠詞が普通、付くことになっているということを
知らされた次第でした。上の例では全部、die でしたから、今回も die Libanon かな、と思いきや、そうではない、そうではない、ということも分かりました。

普通、日本語で英語でカタカタで表するとレバノンと記していますが、ドイツ語ではそうではない、そうではない、ということも分かりました、うっかりそのままドイツ語でもそう綴るのだろうと勝手に思いこんでいました。

新聞記事のタイトルを見たら直ぐに分かるかと思いますが、der Libanon です!

他にも定冠詞 der または das が普通に付く国名もあることでしょう。詳しくは知りません。グーグルさんに訊けば相談に乗ってくれるかも知れませんね。まあ、知ってどうするのか、という気持ちも湧いてきますが。

Kneissl übersiedelt in den Libanon このドイツ語記事の中には誤植というのかタイプミスというのか、国名に付く冠詞についての誤解が見出されるようですが、指摘できますでしょうか。書いてあるモノは何でも正しいと鵜呑みするのはドイツ語学習者にとってはちょっと危険だと思いました。わたしは寸での所で騙されそうになりました。

(追記, わたくしめの無知が為、ミスを指摘できますか、などと偉そうなコメントを書きましたが、ここで訂正させていただきます。この国名には定冠詞 der だけでなく、das も付く ということのようです。紛らわしい! わたしは結局、紛らわされてしまった。ドイツ語記事の中には何らの誤植もタイプミスも、多分、ない、ということに改めて遅ればせながら追加コメントしておきます。以上)

結婚した筈なのに、一人住まいの雰囲気を醸し出してくる記事のようにも感じられます。


    *  *

さて、「日本」、つまり Japan の場合はいかがでしょうか。

”普通、定冠詞が付く国名のリスト”には見出されないでしょう。

だからと言って Japan には定冠詞が絶対に付かない、ということにはなりません。

付く場合もあります、が、普通は付かない。

付く場合、定冠詞は3種あるうちのどれでしょうか、想像が付きますか。付いたとしても間違うことはあり得ますね。

最初から教えて貰って覚えておくしかありません。
グーグル先生にお願いすれば直ぐに教えてくれるでしょう。
こちらからどうぞ! → https://de.wiktionary.org/wiki/Japan

因みに、定冠詞が付く場合についての説明もそこで読めますが、ここに先回りして転記しておきます。Anmerkung zum Artikelgebrauch:
Der Artikel wird gebraucht, wenn „Japan“ in einer bestimmten Qualität, zu einem bestimmten Zeitpunkt oder Zeitabschnitt als Subjekt oder Objekt im Satz steht. Ansonsten, also normalerweise, wird kein Artikel verwendet.



*  *

2022年8月26日

オーストリア前女性外相についての続報が公開されています。

OMG!

彼女はプーチンを擁護するかのようにツイッターでプーチンを持ち上げたそうな。
Karin Kneissl: Morddrohungen wegen Twitter-Post

ツイッターでの投稿が偉いことに発展しているかのようです。

でも御本人は既に何度も脅迫は過去にも受けていたと平気の平左のようですが。





 

この記事へのコメント