ドイツベストセラー女性作家 Charlotte Link を読んでいますが、例えば - Problem + の件


ドイツ語を毎日、読むという習慣を付ける。

これはドイツ語習得への道の一つと私は確信しています。

でも何を読みますか。

読めそうなものを私は探しては読んでいます。
ドイツ語新聞、何でもかんでも記事だったら読めそうだとは感じません。
専門分野の専門語を知っていれば割りと読めるでしょう。
関心のある分野、例えばスポーツ記事だったら読めそうです、だから読むこともあります。
テニスやらサッカー。


好きなジャンルやら作家の作品を読んでドイツ語世界の視野を広げていけると思っています。
読むことが楽しくなければなりません。推理小説は想像力をたくましうさせるので恰好な材料だと感じています。

ワクワク、ドキドキですね。Spannend und unterhaltsam まあ、そう感じるにはもちろん場数を踏み続ける必要があるとは感じていますが。

読んでいても感じないときもある。それは誰の所為なのか!?

作家か、私か? まあ、私のドイツ語読解力、想像力が書けている、欠けていると指摘されてもぐうの音も出ません。



    *  *

ドイツ女性推理小説作家のシャルロッテ・リンクが書く、英国を舞台にした、ドイツ語は、今の私にとって、割りと読みやすく、理解がしやすいと感じています。
いまだに読み続けています。以下の通りです。しばらく何年間か、お休みしていましたが。

charlotte link(foto Katrin binner).png

2022年11月22日(火)
Charlotte Link の Einsame Nacht: Kriminalroman (Die Kate-Linville-Reihe, Band 4)を読み終えた。

2017年11月29日(水)からドイツのベストセラー作家、
Charlotte Link の Die Sünde der Engel (2009)(Amazon.jp)を読み始めた。

2017年11月23日(木)からドイツのベストセラー作家、
Charlotte Link の Das Echo der Schuld (2014)(Amazon.jp)を読み始めた。

2017年11月2日からドイツのベストセラー作家、
Charlotte Link の Das andere Kind (2009)(Amazon.jp)を読み始めた。
11月22日(水)、読了。

実は10月31日、11月1日とドイツテレビ局ARDでテレビドラマ化されたもの、2日間夜8時20分からの再放送を見た。原本は読んでいなかった。先に映画化されたものを見てしまった。テレビ番組の説明を見ると、原本とは若干異なった作りになっているとのこと。

久しぶりにテレビ画面の前で釘付けになっていた。ヘッドフォンで音声を聞き逃さないように、ヒヤリングの訓練を兼ねて、鑑賞。シーンが色々と展開するが、やはり早口には時についてはいけないからなのか、話の流れがスムーズにつながらない。それがサスペンスと言うのかどうなのか。とにかく主演の女優さんに惹かれて特別に聞き耳を立てていた。


2017年10月26日からドイツのベストセラー作家、
Charlotte Link の Im Tal des Fuchses (2012)(Amazon.jp)を読み始めた。
一旦続きを読み始めると止められなくなってしまうのですが、話の筋を追ってゆくだけでなく、
実はbe-動詞を探すかのようにしても読んでいます。
11月1日(水)、読了。

2017年10月16日 からドイツのベストセラー作家、
Charlotte Link の Die Betrogone (2015)(Amazon.jp)を読み始めた。
10月25日、読了。

2014年7月18日、ドイツのベストセラー作家、
Charlotte Link の Am Ende des Schweigens(2003)(Amazon.de)をやっと読了。

2014年7月11日、ドイツのベストセラー作家、
Charlotte Link の Die Täuschung(2009)(Amazon.de)をやっと読了。

2014年6月26日、ドイツのベストセラー作家、
Charlotte Link の Der letzte Spur(2008)(Amazon.de)をやっと読了。

2014年6月13日、ドイツのベストセラー作家、
Charlotte Link の Der Beobachter(2012)(Amazon.de)をやっと読了。最後は救出されたハッピーエンドに終わって何より。

2014年5月30日、ドイツのベストセラー作家、
Charlotte Link の Die Rosenzüchterin(2010)(Amazon.de)をやっと読了。

*    *

2014年5月14日、ドイツのベストセラー作家、
Charlotte Link の Der fremde Gast(2005)(Amazon.de)をやっと読了。
次回からは、いつから読み始めたのか、そしていつ読み終えたのか、ページ数と一緒に、自分の読書スピード振りを測ることにしようと心に決めました。

あるサイトでは本国人(ドイツ人)が Der fremde Gast(341ページ)(Amazon.jp)を4日で読了したと感想文を兼ねて記していますね。本国人にとっては読み易いのでしょう。

外国人(例えば、私)にとっては? 何となく読み易いとは感じますが、
それでも一気に読了にゴールするという境地にはまだ至っていません。

要するに、速読に通じるものでしょうが、速読のための速読ではなく、
精読・味読しながらもドイツ語での読書のスピードをワクワクしながらも
ジワジワと上げてゆくことを目指す。

*   *
  *   *
    *   *
      *   *  
        *   *



ドイツ語をドイツ語として読んでいると、どんなことが涵養されるのでしょうか。
それを「ドイツ語力」が涵養されると言うのでしょうか。

「ドイツ語力」?

自分なりにドイツ語文の流れの中をスイスイと、時に沈没しそうになったり、
泳いでいる自分がアップアップしていたり、なんだかんだと色々通過しながらも
流れの中に相変わらず留まっている自分が感得されるようになります。

本のページを繰る前に、次のページには何の単語が出てくのか、
繰る前から来る単語が想像出来てしまう
。内心、ニヤリ。

これは自分でも驚きといえば驚き、何らの不思議でもないといえば不思議でもない。

ドイツ語を読み続けていると、自然にそのドイツ語文の中の単語がどういうふうな形であるのが
普通なのか、まともなのか、といったことも感覚的に鋭く磨かれるように感じます。


   *   *

例えば、ドイツ語単語の Problem を取り上げてみます。

問題、問題、と書き綴っていると問題にしか関心が行かないかのようにも思われてしまうかもしれませんが、そうではありません。単なる例としてこのドイツ語単語一つに焦点を当てます。


これには ”Problem” という単語がありえますね。
これは”問題”ですが、、”課題”でもあるかもしれせんね(笑)

さて、ドイツ語文中では ”ein Problem” という単語の出現は十分にありえます。
中性名詞か男性名詞か、一応、二つの場合を想定することができるでしょうね。
でも、中性名詞であることは何度も同じような単語の出現の仕方を見ていると体恤してしまうようです。

だから更に、例えば、”ein kleines Problem” というのも文中ではアリですね。
ein kleines Kind も何の蟠りもなくすんなりと受け入れられます。

形容詞付きの名詞、それも中性名詞だから形容詞はそのようになると
事後的に説明出来るかもしれませんが、
そんなことを考えなくとも、そんな理由付けをしなくとも、
いわば直感的に形容詞付きの場合には kleines と表現しようとする意思が自然と働くようになるようです。 

ところが ein kleiner Problem と書いてあるのを見たりすると、
あれっ!? ちょっとこれ可怪しい! と直ぐに反応するようになるでしょう。

尤も kleiner と見ても 自分で kleines と読みなおしている自分がそばにいます。
つまり kleiner と見ても全身感覚的に受け入れられないようになってしまっているかのようです。
そんなことは有り得ない、と。


”Probleme”も文中ではアリですね。Problem の複数形 ということです。

もちろん、定冠詞がついた ”die Probleme” も文中ではアリ、

”der Probleme” も ”den Problemen”も文中ではアリです。

そしてもちろん、定冠詞付き、しかも形容詞付きもアリでしょう。

ここでも形容詞の語尾がそれなりに変化するのをドイツ語読書を通じて
次第に体感的に吸収できてしまっていることになるのでしょう。


☆   ☆

さて、たまたま、以下のようなドイツ語文に遭遇しました。

 Du kannst mir sagen, wenn du Problem hast.

 どうように感覚的に反応しますでしょうか!?
(あれっ、定冠詞または不定冠詞なしの、Problem の使い方って有り、なのかなあ、と内心つぶやいていたのですが、)

    
      *   *       *   *  
        *   *   *   * 
            *   * 
              *    

わたしだと、 Du kannst mir sagen, wenn du Probleme hast. 
または  Du kannst mir sagen, wenn du ein Problem hast.

または Wenn du ein Problem hast, kannst du es mir sagen.

または Wenn du Probleme hast, kannst du sie mir sagen.
と書き換えて、または読み換えて、読み進んでいこうとする自分になってしまっているし、

Hast du ein Problem mit ”Problem"? 
なんて別のドイツ語文を作り出しているかもしれません。

Keine Probleme mit " Problem"?

Das Problem mit "Problem" ist, ,, blabla,,,,dass das Wort keinen Artikel hat.

"Wenn du ein Problem hast, versuche es zu lösen.
Kannst du es nicht lösen, dann mach kein Problem daraus."

あの Buddha のことばとか。


Link to ”Charlotte Link”(Amazon 日本語サイト)
http://amzn.to/2kRmib4

Die letzte Spur
Der Fremde Gast
Die Rosenzüchterin: Roman
Der Beobachter: Roman
Die Täuschung: Roman
Am Ende des Schweigens: Roman