人気記事
    スポンサーリンク


    ブログ内検索




    毎度のご訪問ありがとうございます。
    どうぞごゆっくりとお楽しみください。


    囚人夢


    → [英語から覚えるドイツ語単語]  → [ドイツ語のしくみ 言葉のしくみ]
    Träume
    Sagt ein Häftling morgens zum anderen:
    "Ich hatte einen schönen Traum. Meine Zellentür ging auf und auf dem Flur stand ein Fahrrad. Ich rauf und ab ging die Post."

    "So, so", meinte der andere.
    "Bei mir ging die Zellentür auf und zwei wohlgeformte Blondinen kamen herein!"

    "Warum hast du mich den nicht gerufen?", maulte der erste.

    "Du warst ja mit dem Rad unterwegs..."    
    日本語訳
    わたしの外国語学習法 (ちくま学芸文庫)

    1. Sagt ein Häftling morgens zum anderen:
    Häftling(M)prisoner、inmate
    morgens、in the morning

    2."Ich hatte einen schönen Traum. Meine Zellentür ging auf und auf dem Flur stand ein Fahrrad. Ich rauf und ab ging die Post."

    Zellentür(F) Zelle(n)+Tuer(F)
    ging auf→ aufgehen、 to come loose 
    Flur(M)corridor
    rauf
    Post(F)
       
      

    3."So, so", meinte der andere."Bei mir ging die Zellentür auf und zwei wohlgeformte Blondinen kamen herein!"

    wohlgeformte、 shapely、well-formed

    herein 部屋の中に人がいます。外からドアをノックする人。
    それに応える部屋の中の人は普通、”Herein!"( Come in!)と言いますね。

    部屋の中に居る人を中心に考えています。 Her は”自分の方へ、こちらの中へ”という方向性が加味されています。

    部屋の中にいる人が外へと出てゆくとき、または中に居る人に出て行って貰うときには heraus 
    ここから外へ、という感じ。

    外にいる人(自分を中心に考えて)が中へと入って行く hinein ですね。その中へ、という感じ。
    それでは hinaus はどうでしょう。

                   *  *
     
    韓国語を少々かじっていた時のことが思い出されます。
    「さようなら」と挨拶を交わす。
    招待主が招待客たちに「さようなら」と言うとき、
    招待客たちが招待主に向かって「さようなら」と辞去するとき、表現法が違っています。

    違っているから、誰が誰に向かって言っているのかが分かる次第ですね。
    立場を間違って 言い方を間違って言うと、ちょっとおかしいと感じるようです。

    4."Warum hast du mich den nicht gerufen?", maulte der erste.
    gerufen → rufenの過去分詞、to shout
    maulte → maulen、to gripe

    5."Du warst ja mit dem Rad unterwegs..."
    unterwegs、on the way

    夢というのは不思議です。 
    タグ:囚人
    いつも応援ありがとうございます。
    ↓ どうぞお帰り前にワンクリック
     
    にほんブログ村 外国語ブログ ドイツ語へ
    にほんブログ村
    「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
    Danke schön!♪
     
    スポンサーリンク

    posted by witzler at 21:27 | フランクフルト | ある会話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする