皆様、Quarantäne の発音はいかがでしょうか。


このドイツ語単語、最近はほとんど毎日のように目にするようになりました。
ドイツ語新聞記事に目を流しているからですが。


コロナウィールスがつい最近、世界的な規模で流行りだしたのがそもそもの始まりとも言ってよいでしょうね。
尤もコロナウィールが流行りださなくてもこの単語はドイツ語辞書には静かに収まっていた、眠っていた。
それが、それなのに突如? 超注目され出し、目覚めさせられて、出てきたとも言えましょうか。


ドイツ語を勉強している身にある我にあっては、どう読むのか、どう発音するのか、
無関心ではいられない。

ドイツ語単語で語頭が Q で始まる。
あまりお目に掛かることがありません、というのが私の印象ですが。

あっそういえば Quatsch を思い出しました!
Quark もそうだ。



フランス語も習得しようと頑張っていますが、
フランス語の数字の 40 がこのドイツ語にちょっとそっくりだなあ
ということに気が付きましたよ。

フランス語で 数字の40 は quarante と記しています。
蛇足になりますが、フランス語の数字の”システム”はちょっと変わっていますよね。
数字の 4 は quatre
数字の 20は vingt
数字の 40は quarante
数字の 80は いわば 4x20イコール80ということでしょうか、quatre-vingt





ドイツ語に取り入れられたのでしょうね。
それでちょっと綴り方に変貌をきたしたのかも。

日本語では検疫とか訳されていますが、40という数字ではなく、
14という数字が登場していますね。
コロナの場合は少なくとも14日間、隔離する措置が取られていますね。
40という数字とはあまり関係ないような、、。


フランス語的読みをすれば、
このドイツ語単語はちゃんと発音したことになるのでしょうか。

でもフランス語数字の40がどうして別の意味になっているのでしょうか!?

ドイツ語に取り入れられたときにはドイツ語世界には40を意味する単語が
既に存在していた。しょうがないので別の意味を付けた!?
posted by witzler at 20:35
いつも応援ありがとうございます。
↓ どうぞお帰り前にワンクリックを! Vielen Dank!
 
「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
Danke schön!♪
スポンサーリンク

ドイツ語複合(二重?)母音 ie の発音についてですが


ドイツ語単語(名詞)の語尾に注目していました。

語尾が ien になっているのを見たら、
その単語は複数名詞だ! 

と狂喜しても多分、間違ってはいないということを書きました。


さて、当該母音、詳しくは複合母音というのでしょうか、二重母音というのでしょうか、
とにかくドイツ語発音はどうなっているのでしょうか。

ドイツ語はそのまま読めば、発音すれば良いのですよ、
といった実に親切そうなアドバイスに従順に従えば
(あれっ、まるで馬から落ちて落馬した、みたいな言い方になってしまっている、笑)、
簡単、簡単そのものですよね。

今回はドイツ語の、このいわゆる複合母音(二重母音、というのかな?)の発音について
ちょっと云々してみようと思います。

もちろんこの筆者は専門的な言語学者ではありません。
変なことを書いていると思えてくるかもしれませんが、
素人がドイツ語の経験について感想を綴っているだけのこと、
気楽な読み物として読み流して見て行ってください。



そう、この 「ie」です。
これはどう発音しますか。

カタカナでドイツ語発音を敢えて記してみますが、
敢えて、というのはドイツ語発音をカタカナで書き換えてもドイツ語発音に置き換えたこと
にはなっていないということになっているからなのですが、それでも説明上、敢えてカタカナ
を利用します。

そう、字面通りに「イ エ」と発音されますか。

「イ エ」に決まっているでしょう。いえ、いいえ?


いえいえ、いえい、そんなこととは限定できません。

良く耳にするのですが、
つまり耳で注意して聞いてみると「イー」と伸ばすように発音されているときもありますよ。

目で見る限りでは「イ エ」であるかもしれませんし、実際、イエであったら、当たった当たった、
と内心喜んだりもするかもしれませんが、そして安心するかもしれませんが。




ドイツ語複数単語いくつか例として呼んできました。


Strategien
単数形は Strategie

Technologien
単数形は Technologie

Drogerien
単数形は Drogerie


これら単語の語尾 ien 、特に ie はどのように発音していますか。
発音されていますか。
どう発音するのでしょうか。

「イ エ ン」だから「イエ」? (うそ言え!?)

それとも

「イー ン」だから「イー」でしょうか。



      *     *

実は、ドイツ語の複合母音(二重母音というのでしょうか!?)である(かもしれない)
ie には 二通りの発音の仕方があるようですよね。

上で既に2つの発音を敢えてカタカナで書き表してみました。



これはいかがでしょう。

Theorien
単数形は Theorie


そして、これ。

Tragödien
単数形は Tragödie

Komödien
単数形は Komödie



      *   *

要するに、2つのうちの一つ。一つの単語には一つの発音。
イ エ ン か イーン。

2つの発音が並行的にもしかしたら、あるのかもしれませんが。
つまり イエ であって イー でもある場合もあるのかも。


次に、知りたいことは、といえば、2つのうちの一つであるとしても、
どちらになるのか、どちらの発音が正解になるのか、
何らかの基準やら規則があるのでしょうか。


あるのかもしれません。
そんなものはないのかもしれません。


普通はどちらかに決まっている筈だから、
どちらかの発音をしてみる。

それでドイツ語を母語とする人たちに通じるのか、通じないのか。

通じなかった!? その発音は正しくはないと思い知らされることでしょうね。

通じたら、おお、やっぱり通じたか、と内心喜んでいる。



     ☆   ☆


ちょっと応用問題。

Allergie はどうでしょう?

複数形の Allergien はどうでしょう?


Pollenallegiker とはわたしのこと。あまり関係ないことですが。





最後まで読んでこられましたか、
ここでわたしなりの種明かし?をしたいと思います。

ドイツ語単語語尾が ien になっている、その発音の仕方ですが、
カタカナで敢えて表記すれば、
それは 文字通りの イエン ではなく、
また イーン でもなく、
実は,
実は、「 イーェン 」 と発音されているように聞こえませんか!?

聞き様でしょうかね。
思い込み様でしょうかね。



もう一度、上で登場した単語も呼んできます。
読んでみてください。つまり、発音してみてください。

もう既に正しく発音する法を習得されているかもしれませんね。

Komödie   Komödien

Technologie   Technologien

Theorie    Theorien

Epilepsie   Epilepsien

Studie    Studien

Anämie    Anämien

Bulimie    Bulimien

Hortensie Hortensien



発音にあたってはアクセントの位置に気を付ける。
アクセントの位置がちゃんと当てはまっていないと正しく発音出来ていないことにもなりなねません。
特にお初にお目に掛かった単語は曲者ですよね。語尾にあるとは限りません。

それとも以上例に出した単語はすべて習得済みでしょうか。
だったら杞憂ですね。失礼しました。

これで失礼いたします。
posted by witzler at 05:47
いつも応援ありがとうございます。
↓ どうぞお帰り前にワンクリックを! Vielen Dank!
 
「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
Danke schön!♪
スポンサーリンク