Meine Frau wurde vor zwei Wochen die Kreditkarte gestohlen.


Meine Frau wurde vor zwei Wochen die Kreditkarte gestohlen.

このドイツ語文はどう解釈できますか。 

いわゆる受動態文ですよね。


自分でその一文を読みながら意味を理解しようとする、
または誰かがそう喋っているのを聞いて理解しようとする、

違いは目で見るか、それとも耳で聞くか、そしてその意味を正しく理解できるか、  
それをここではちょっと云々しています。

目で見れば、また耳で聞いたとしても、 
別に目には難しいドイツ語単語は見当たりません、
耳に知らない単語は聞こえてきませんよね。


たとえ間違った書き方になっていたとしても、
あたかも正しく書かれているかのように自分の頭の中では読み替えて、
聞き変え正しく解釈していることもありえるようです。
(ヒント:実はある単語が正しく綴られていないようです!)

目でその文を読み進んで行ってその文の意味を理解するということ。
すんなりと何の問題もなく理解できることに越したことはないですが。

耳でその文が言われるのを聞きながらその文の意味を理解するということ。
すんなりと何の問題もなく理解できることに越したことはないですが。

読解と聴解、その過程はちょっと異なっていることに気が付かされるのです。



       *  *

 
「わたしの妻は2週間前クレジットカードを盗まれた。」

日本語に訳すとしたら、こうなるのでしょうか!?
 
多分、そのように訳そうとするでしょう?
理解しようとするでしょうね。
それが常識的な解釈と言えましょうか。


 
それともドイツ語文を忠実に何とか汗しながら訳そうとしているかもしれませんね。

「わたしの妻は2週間前クレジットカードと一緒に(?)盗まれた。」

誰かがわたしの妻を盗んだ、その際ついでにクレジットカードも一緒に。
我が妻は盗まれた、つまり誘拐されたのかも? 

Meine Frau wurde vor zwei Wochen mit der Kreditkarte gestohlen (entführt).


例えば、探偵小説中の出だし文として有り得ないこともないかも? 
夫婦共有のクレジットカードが盗まれてしまっては、夫としてはもちろん使えない。
そんなことを嘆くような夫の発言と取れないこともないかもしれませんね。

妻よりもクレジットカードの方が大切なのか!? といったツッコミが読者から投書されてくるかも。

posted by witzler at 18:09
いつも応援ありがとうございます。
↓ どうぞお帰り前にワンクリックを! Vielen Dank!
 
「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
Danke schön!♪
スポンサーリンク

英語にもドイツ語にも”同音異義語”がある!?



[ドイツ語のしくみ 言葉のしくみ]  

        *   *

英語には同じ発音であってもつづりが違うという単語の例は幾つかありますね。
いわゆる同音意義語(英語では homonym、アクセントの位置に注意!)のことです。
(ただし日本人にとってはrも l も同じという前提で下記していますが)

たとえば、「ライト」
(とカタカナで発音を敢えて記してもちょっと戸惑ってしまう)
どの「ライト」のことか!? 
実際、戸惑うでしょう?

Right、この単語の発音をカタカナで敢えて記せば
「ライト」ですね。

Wright、この単語の発音をカタカナで敢えて記せば、
これも「ライト」ですね。ライト兄弟のライトと同じライト?

Write、これだって「ライト」でしょう? Right?

Light、この単語の発音をカタカタで敢えて記せば、
これも「ライト」ですね。

Rite はどうでしょう!? 
これだって「ライト」?

Lite は?
これも「ライト」でしょう、日本語カタナカナで書くと?

 
つまり英語発音を、日本語として(?)聞いてしまうと 
Right も Wright も Light もその他以下省略、
全部同じように聞こえてしまう(らしい)、
つまり ライト、ライト、ライト。
オールライト? オーライオーライ? 
 

これを英語における”同音異義語”と言えるものかどうかは疑わしいです。
いや、言えないと思います。
Right と Light は同音ではありません!

同音と勘違いしているのは、日本語のカタカナ書きですね。




さて、ドイツ語にも同音異義語
(ドイツ語で Homonym、アクセントの位置に注意!)はあるのでしょうか。
どなたか?

そういえば思い出しました。
名前がマイヤーさんと言ってもいろいろな綴りがあるということ、以前言及しました。

さらにもう一つだけ今、思い出しました。
Bank 「銀行」の意味があれば、「ベンチ」の意味もある。
 
これはドイツ語の”同音異義語”でしょうか! ?

DIE Bank ⇒ DIE Bank 銀行  →複数形 die Banken
     ⇘ DIE Bank ベンチ →複数形 die Bänke

DER Kater ⇒ DER Kater(←→ die Katze) 
     ⇘ DER Kater


      * *
 
単語は同じ、でも定冠詞付きの違いで、意味も変わる。
これも”同音意義語”と言えるでしょうか。

定冠詞付きの発音は別々ですから、
その意味では”同音異義語”とは言えますまい!!
  
定冠詞付き単語の単語そのものは同じ単語であったとしても、
定冠詞が付くことで別々の、新たな単語がそこにあると諦観すべきでしょうね
だから厳密な意味では同音異義語とはいえないでしょう。

同音異義語まがいの ”疑似”同音異義語 とでも言えますか。

定冠詞付きで同音異義語だとされる両単語を読んでみてください。
そうしたら同音であるとは言えないことが明白でしょう?

DIE Weite と DAS Weite 
"das Weite suchen"   |   "in die Weite springen"
”ディヴァイテ” と ”ダスヴァイテ”  全然同音ではありません!

DER Bund と DAS Bund 
”デアブント” と ”ダスブント”

DAS Steuer と DIE Steuer
”ダスシュトイア” と ”ディシュトイア”

DER See とDIE See
”デアゼー” と ”ディゼー”

posted by witzler at 00:00
いつも応援ありがとうございます。
↓ どうぞお帰り前にワンクリックを! Vielen Dank!
 
「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
Danke schön!♪
スポンサーリンク