dasselbe って ”同じモノ”と同じではない!?

Wie gut ist Ihr Deutsch?: Der große Test
あなたのドイツ語は大丈夫ですか!?

Bücher von Bastian Sick(ドイツ Amazon)

ぼくは何冊か本を書きましたが、ぼくが書いた本がどのような影響を及ぼしたのか、
もう一つの例を最近、パン屋さんで体験しました。

ぼくの前の奥様が実に食欲をそそるように見える”チーズ付きのブロートヒェン”一つをちょうど注文した所でした。そしてぼくの番がやって来た時、腹を空かしているかのようにこう言いました。

「ぼくにも同じモノをお願いします」

「それは無理ですわ」
女店員は手短に答えを返してきました。

「ええっどうして無理なのですか?」
ぼくは戸惑って訊きました。

「同じモノ(チーズ・ブロートヒェン)を2回お売りすることは出来ません。こちらの奥様と交渉していただかなければなりませんね、こちらの奥様がブロートヒェンをお客様に手放すかどうなのかはわかりませんが。わたし共としては最大限努力したとしても類似モノをお客様には提供出来ますが、同じモノは出来ません!」

「何ということだ、言葉については厳格に捉えられるのですね!」
ぼくは言った。そして自分としては不快にも罠にかったように感じたのです。

「もちろんですわよ」
女店員は応じた。
まるでこの世では当たり前なことではないでしょうかといった風な口調だ。

「お客様は Der Dativ ist dem Genetiv sein Tod という本をご存じないのですか」

ぼくは乾いた喉をゴクリとならした。

「いいや」
ぼくは嘘を付いた。

「その本についてはまだ一度も聞いたことがありませんよ!」

ぼくは慌てて支払いを済ませ、サングラスを掛けて、お店から立ち去った。後でガールフレンドのジビーレにこの恥ずかしい体験について報告したら、彼女は興奮してこう叫んだ。

「時は満ちた! ドイツ国民の反撃だ!」
と言うことでリングの上では次のラウンドが控えていますよ!
どうぞお楽しみください。

著者 バスチアン・ズイック
ハンブルク、2009年8月


Ein weiteres Beispiel für die Wirkung meiner Bücher erlebte ich kürzlich beim Bäcker.
Die Dame vor mir hatte gerade ein äußest appetitlich aussehendes Brötchen mit Käse bestellt,
und als ich an die Reihe kam, sagte ich hungrig:
"Ich nehme dasselbe, bitte."
"Das geht nicht", erwiderte die Verkäuferin knapp.
"Wieso denn nicht?", fragte ich perplex.
"Ich kann dasselbe Brötchen nicht zweimal verkaufen.
Das müssen Sie dann schon mit der Dame aushandeln, ob Ihnen ihr Brötchen abtritt.
Ich könnte Ihnen höchstens das gleiche anbieten, aber nicht dasselbe!"

"Donnerwetter, Sie nehmen es aber genau mit der Sprache!", sagte ich und fühlte mich auf unangeneme Weise ertappt.
"Freilich", erwiiderte sie in einem Ton als sei es das Selbstverstäntlichste von der Welt,
"kennen Sie nicht das Buch >Der Dativ ist dem Genitiv sein Tod?
Ich schluckte trocken.
"Nein", log ich, "davon habe ich noch nie gehört!"
Dann zahlte ich hastig, setzte meine Sonnenbrille auf und verließ das Geschäft.

Als ich später meiner Freunding Sibylee von diesem peinlichen Erlebnis berichtete,
rief sie begeistert aus:
"Es ist so weit! Die Bevölkerung schlägt zurück!"

In diesem Sinne: Ring frei für die nächte Runde! Viel Vergnügen wünscht Ihenen
Ihr Bastian Sick
Hamburg, im August 2009

続きを読む

posted by witzler at 17:38
いつも応援ありがとうございます。
↓ どうぞお帰り前にワンクリックを! Vielen Dank!
 
「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
Danke schön!♪
スポンサーリンク

二性を有するドイツ語名詞がある?

ドイツ語の名詞には性別として3つある。
男性名詞、女性名詞、そして中性名詞。

どのドイツ語単語(名詞)を名指したとしても、
その名詞には性別が少なくとも、一つある。

ドイツ語名詞には一つの性別が割り当てられているという。
それが常識と思っていたのですが、本日(2017年6月16日)、
遅すぎかも? ここに来て、これを契機として、
その常識と思っていたことを壊すような事実を体験しました。
別に目新しいことでもないのかもしれませんが。
わたしの認識不足故の気付きに過ぎないのかも知れません。


我が家にある家庭電化製品の一部が壊れてしまったので、
メーカーに問い合わせメールを書き送った。

もちろんドイツ語で書くしかありません。
日本語メールが送り付けられてきたら、
受け取った側はどうしようもないことでしょう。

日本語文字を一度も見たこともない担当者だったら、
もしかしてこれはスパムだということで
即刻削除のキーを押して目の前から消してしまうに違いない。


直ぐにも代替の部品が必要。
これなくして機械を操作することが出来ない。

メーカー宛に問い合わせのメールをドイツ語で認めなければならない!

日本語風の、時候の挨拶から始まる手紙を書くのではない。
お天気の話から始まるドイツ語メールなんて読んでいる暇はない!
と相手側は思うに違いない。

突然、緊急の必要に迫られてしまった。
代替部品の入手がどうしても必要なのだ。

相手側にドイツ語メールで知らせるのだ。
目的ははっきりとしている。

自分の気分やら思いやら自分が今日何をしたのか、
お天気はどうか、などという私の、今日の、
日記的な動静を知らせたい訳ではない。
単刀直入にドイツ語で Zur Sache だ。Zur Seite ではない。

壊れてしまった部品の代替品が至急必要です、
ですから直ぐにも送ってもらいたいのです。

どのように書き表そうか。
もちろん、こちらが欲しいものを直ぐに送って貰いたい、と。

何を送って貰いたいかというと、代替部品である。
それがあるのかないのか、まず聞いてみる必要もあろう。
在庫はあるのか。
あれば幾らするのか、
値段も聞いておく必要があろう。

べらぼうな価格だったら、部品を換えるよりも本体自体
の新品を買い換えた方が結局は安く付くことになるかもしれない。
良く言われたものだ。もう20年も使用を続けている機械だが、
電気系統等での故障ではない。

当該代替部品の在庫はあるのかないのか。
あるならばその一個の値段はいくらなのか。

なければ諦めるしかない。
ないと判明したら新品を買うしか選択肢はないのだろう。

もしあるなら直接自宅に送付して貰えるのかどうなのか。
代金支払いはどうするのか。あるのかないのか。

いろいろと問い合わせたいことが浮かんで来る。
が、まずは代替部品があるのか、幾らするのか、
この2点についてだけでも緊急に問い合わせよう。
コンタクトを早急に取るのだ。

メールソフトを開いて、ドイツ語メールを書く態勢に入った。
我が家の、御社家電製品の一部が破損してしまった。
代替部品はありますか?

ところで、この部品はドイツ語でどう称するのだろうか?
分からない、知らない。

でも何をするものかは自分では分かっている。
だから自己流ドイツ語訳してみた。

”Temperatur-Regulator Knopf”

業界ではこんな長ったらしく表記することはないだろう。
それは分かっている。でもドイツ語定訳は知らない。
これで相手側に通じるだろうか。

で、代替部品ってドイツ語でどう表現するのだろう????
ちょっと困った。

長らく使ったことがなかったので、頭の中を探し回って
ようやくそれらしいとおもわれる単語が甦ってきた。

    Ersatzteil

続きを読む

posted by witzler at 17:27
いつも応援ありがとうございます。
↓ どうぞお帰り前にワンクリックを! Vielen Dank!
 
「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
Danke schön!♪
スポンサーリンク