ドイツ語にも同音異義語がやっぱりある!? Bank? Radler?



ドイツ語にも同音異義語がある!? See?
つづき ↓




Langbathseen 湖畔の Wanderung

 2015年8月22日(土)には知り合いのカップル2組と一緒に、
 オーストリアはザルツカンマーグートの Langbathseen
 (Vordere Langbathsee+Hintere Langbathsee)湖畔をWanderung。

 までは各組がドライブ、正午過ぎ、
 Vordere Langbathsee への入り口前の無料駐車場で落ち合うことにした。

 やっと到着してみれば駐車場はほぼ満杯。
 どこにいるのだろう、もう到着しているのかな。

 うす曇で何となく肌寒い。
 今日は太陽が出る予報ではなかったのか。

 駐車中のたくさんの車の屋根の海の中から、
 片手がそして呼ぶ声がこちらの方に向けて上がった。



 先ずは皆一緒に出発。
 Hintere Langbathsee までだ。
 そういえば、この道はいつか来た道、
 ああ、そうだよ、2度、3度とやって来たことがある!

 それにしても、このちょっと長い緩い砂利の上り坂、いつまで続くのやら、、、。
 そして下りの帰り道、足裏を痛めながら出発点の駐車場に戻って来た。
 そんな思い出が脳裏に刻まれたまま残っている。



HintererLangbathsee.jpg

 どのくらい歩き続けただろうか、30分?
 Hintere Langbathsee の入り口前に到着。

 前以て予約してあったかのように、
 風化して湿り気をたっぷりと含んだ古びた木造テーブルが木陰で静かに待機していた。

 ベンチ(ドイツ語でdie Bank)もしっかりと括りつけてあるテーブルセットだ。
 尻が湿ってこないように持参のシートをベンチに敷いた。
 大人4人が横一列に肩幅が触れ合うように腰掛ける。

 テーブルを挟んで反対側のベンチにも一列に腰掛けている。
 その人たちの顔がこちら側の顔とぶつかりそうになるのを
 意識して近づけないようにしている。

 各組は持参のお弁当やらドリンクやらをテーブルの上、所狭し、と並べる。
 まずは腹ごしらえ。

 この場所 Langbathseen は結構人気があり、
 気楽に自然を楽しむことができる。

 家族連れやらお年寄りのカップルやら女性二人連れやらと
 いろいろな組み合わせが確認できた。

 日本だったらどこへ行ったとしても人、また人で
 まるで人を見に来るために行楽地にやってきている
 そんなような気分になってしまうでしょう。

 オーストリアではそんな風には全然ならないのが幸いですよね、
 などと日本の男達はお互いに顔を見合わせながら感想を述べ合っていた。


 昼過ぎからは太陽も出てきて、
 まだまだ夏は終っていないと確認させようとしているかのような按配だった。
 太陽よ、待っていましたと言わんばかりに
 午後3時過ぎころからは結構な人たちが繰り出してきた。

 湖畔サイクリングをする人、
 上半身裸でジョギングに精を出している
 まだまだ若いのだと褐色に日焼けした上半身を誇示しているかのような
 気持ちも体力もまだ若い者に負けんといった白髪男性を見てはちょっと驚いた。

 マウンテンバイクで湖畔巡りをする人たちも多い。
 我々のように歩いて森林浴をする人たち、
 ついでに湖畔の景色もわたしは満喫する、
 水浴をする人、日光浴をする人たち。

 目の前の渚には細身の若い女性が平べったいボード上の立ったまま!
 バランスを取りながら、湖上、
 ロール一本だけで水を掻いている。沖合へと進んでゆく。
 突風でも吹いたらどうなるのだろう、といらぬ心配をしている。

 最近流行り出した新種のスポーツのようだ。
 ねえ、ドイツ語で何と言うスポーツだろうか、知っている?
 舌先まで出掛かっているのに、つい度忘れしまったのか、
 それともこの単語に接する機会がまだ少ないからなのか、
 自分とは関係ないからなのか、
 覚え切れていない。周りの人たちも答えられない。
 家に帰ったら調べて見よう。
 

続きを読む

posted by witzler at 17:32
いつも応援ありがとうございます。
↓ どうぞお帰り前にワンクリックを! Vielen Dank!
 
「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
Danke schön!♪
スポンサーリンク

hinein か herein か kommen か gehen か


 Hinein と Herein とを比較対照しながら、
 以下、飽くまでも(今日までの)限られた個人的な体感からの分析を試みます。


 Hinein を分解すると、 Hin と Ein になります。

 Herein を分解すると、 Her と Ein になります。

 どちらにも Ein があります。この意味は? 
 入り口のようなニュアンスが込められていますね。

 ドイツ語で「入口」は Eingang(M) と言いますが、 
 Ein が付いていますね。
 Ein_Gang 入る通り道、正に「入り口」、
 実に論理的ですね。



  *   *

 Hin と Her との違いは明らかに見て取れますが、
 どちらにも共通していることがあるようです。
 つまり、どちらにも一定のスタンスがあります。

 自分のスタンスという中心があって、
 それを基に作用している節がありますね。

 これを「自己中心主義のドイツ語」という?
 とわたしは勝手に命名。
 ドイツ語は自己中心的に捉えると妥当な場合が多々かも?

 だから Hinein は自分を中心に Hin そちらに Ein 入る となります。

 Herein は自分を中心に Her こちらに(自分が居る方に)Ein 入るとなります。

 敷衍すると、Hinein は自分が自分と一緒になってそちらに自分が入ることになります。
 飽くまでも自己が自己中心的にどこまで自己であることに留まります。
 移動しても自己と一緒です。留まっていても自己と一緒です。

 一方、Herein は誰か他の人やらものが自分のいるところに入る(やってくる)ことになります。
 飽くまでも自己を中心に周りが動きます。
 自己は自己として留まったまま動かないようですが、どんなものでしょうか、
 自己を中心として寧ろ周りを動かそうとする自己の存在意識が考えられるような。

ドイツ語新聞記事:ドイツのドラッグストアdmのコピーが中国に現れる!?


続きを読む

posted by witzler at 17:50
いつも応援ありがとうございます。
↓ どうぞお帰り前にワンクリックを! Vielen Dank!
 
「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
Danke schön!♪
スポンサーリンク