チェコ・プラハで外国人旅行者は一体何をする?




ドブリーデン!(Dobrý den)

もういちど、ドブリーデン!(Dobrý den)

これはジョークではありません。

今月末の3、4日間、チェコのプラハを訪れることにしたので、、、。
もちろん、この人生初めてのこと、
などと書くとちょっと大袈裟に聞こえるかもしれない。
そう書くことをもちょっと躊躇したが、もう書いてしまった。
削除するのも面倒くさい、そのままにしておく。
事実なのだから。

人生初めてのことだとしても、チェコのプラハはわたしが訪れようが訪れまいが、
そこにずっと存在していた。わたしの人生以上に長い長い存在であった。



いらっしゃい! いらっしゃい!
チェコは良いとこ、プラハは良いとこ、一度はお出でなさい、
などといった、そんな呼び込みを聞いた事もない。

チェコというとどんな人が目に浮かんでくるだろうか、とちょっと考えて見た。
東京オリンピックでのチェコ女性、体操選手が思い出される。今はどうなされているのだろう。

ドイツ歌謡界にはチェコはプラハ出身の、名前も神さまといった男性歌手がいる。
黄金の声の持ち主とも言われるとか。



 チェコにはドイツ語で書いていた有名作家がいる(いた)。ほぼ100年前のプラハにて!
 ある女性 Frau Milena への書簡をまとめて本にしたもの、
 それは我がドイツ語人生始まりに手にした本でもあった。

 作者はプラハ等でせっせと取り付かれたかのように手紙を書き捲くり続けていた。
 この読者はやさしくすんなりと読めるだろうと思い込んで買った。

 書簡を読むことを通してドイツ語の模範的な書き方に迫って行ける、
 だろうとも思っていたことを思い出す。
 書き出しは以下のように記されている。カフカ何歳のときだろうか。同じ春時だ。

(April 1920)
Meran-Untermais, Pension Ottoburg
Liebe Frau Milena
eben hat der zwei Tage und eine Nacht dauernde Regen aufgehört,
wahrscheinlich zwar nur vorübergehend, immerhin ein Ereignis
wert gefeiert zu werden und das tue ich indem ich Ihnen schreibe.
云々云々、と以下割愛。

 すんなりと読めてしまいそうな手紙を通して当時の作者の動向をもたどって追体験して見る。
 それはもう誰かが仔細にやっていることでしょうけれども、個人的に自分なりに追ってみる。
 わくわくするではないか。カフカの心のうちが目の前に見えてくるかのような読書作業だ。

すんなりと読めない? 
der zwei Tage und eine Nacht dauernde Regen だけで「主語」になっています。


 昨今はオンラインで読もうと思えば読めてしまう! 実に時代は変わった。Letters to Milenaがあるとは知らなかった。


Das Schloss オーディオブック
、奇妙な物語だということで最後まで我慢して聞くことが出来ず、
途中で投げ出してしまった。まだ付き合いは終っていないが。
作中の K とは著者本人のことも指しているのだろうか。


続きを読む

posted by witzler at 17:27
いつも応援ありがとうございます。
↓ どうぞお帰り前にワンクリックを! Vielen Dank!
 
「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
Danke schön!♪
スポンサーリンク

Unsere Skikönige



今日(2015年3月23日)の、地元ドイツ語日刊紙、第一面を見たら、
ドイツ語単語複数形が大きな見出しとなって目に飛び込んできた。


オーストリアと言ったら何でしょう!?
食べ物をすぐに連想する人もいるでしょうね。

オーストリアのスポーツと言ったら何でしょう!?
はい、スキーでしょうね。

そうそう、ドイツ語単語複数形の話をする筈だったのに、
突然、初っ端から脱線してしまいました。

続きを読む

posted by witzler at 16:27
いつも応援ありがとうございます。
↓ どうぞお帰り前にワンクリックを! Vielen Dank!
 
「人気blogランキング」へも 毎度ありがとう!(#^ー゚)v 
Danke schön!♪
スポンサーリンク